高品質塗装研究会
(有)クチキテック

コーキング打ち直し
  




クチキテックでは、サイディング壁の塗り替えの前に、
傷んだコーキングを取り除き、新たに打ち直す作業を行う。

古いコーキングを取った後、プライマーを塗り、乾いてから
養生テープを貼る。(溝の底と両脇の3箇所)
 「超高圧ターボ洗浄ケレン」

「コーキング」

「細かい塗装知識が必要」

「メーカー瓦屋根塗装」

「カラーベスト屋根、モニエル瓦、防滑雪塗装」

「社長自ら施工、屋上防水はこううだ」

「圧送刷毛による新工法」

透湿性も断熱性もない塗料を塗った
結果がこちらです!


















          


両脇の水色のテープは、コーキング剤が外壁に
はみださないように。
そして、底の紫色のテープは、コーキング剤が
底に接着せず、両脇の2面接着になるように。

この、底のテープが実は非常に重要!
年数が経って、コーキング剤がやせてきた時、
底にもコーキングが接着している3面接着の状態だと、
3方向から引っ張られ、外壁材との接着がはずれてしまいます。
底にはコーキング剤が接着しない、2面接着の状態だと、
両サイドの2面から引っ張られても、コーキング剤は
理想的な鼓(つづみ)型となり、両サイドの外壁材からはずれません。

窯業系サイディングの塗装工事では、
目地コーキングを2面接着で打ち直しすることが
重要です。

              

    コテ模様     個人情報保護規定    サイトマップ     相談会情報    


ページトップに戻るボタン